FC2ブログ
 
■プロフィール

natsuko

Author : natsuko
pompon(ポンポン)は帽子などに付いてるあのボンボンのことです。
ニット帽などにポンポンがついてるとつい触りたくなります。
そんな愛すべきpomponのように気になるものごとを適当に のんびりかいていこうと思います。
イラストのサイトはこちら
natsuko kumamoto illustration website

■お仕事

世界文化社『ほいくれんらくちょう』 のイラストレーションを担当しました。

ほいくれんらくちょう

■お仕事

日本文芸社刊『ヨコミネ式子供が天才になる4つのスイッチ』 装画を担当しました。

ヨコミネ式子供が天才になる4つのスイッチ

■お仕事

大和書房刊『かわいい子には「こづかい」をあげるな!』装画を担当しました。

かわいい子には「こづかい」をあげるな!

■ユーザータグ
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク

■月別アーカイブ

01  10  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  03  02  01 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
玉手箱
今行っているワークショップの課題で、
箱に絵を描くというのをやっております。

フタ付きの箱は表面や内側、下面など全部で20面もありまする・・・!
うむ。なかなか大変。

お仕事の絵と違って好き勝手描けばいいと思う一方、
好き勝手の着地点が難しく苦戦中ーーー。
(その前に箱をキレイに作るって作業で苦戦してます。汗。)

お題はみなさまご存知「浦島太郎」~。
普通バージョンのラフも作ったのですが、
まぁ自分らしく進めた方が良かろうということで
「学芸会」バージョンにしてみました。

学芸会で「うらしまたろう」をやったよー!みたいな・・・感じで・・・。

谷中の芸工展でお披露目予定です。
「みんなの玉手箱展」at市田邸
落ち着いたらまた告知させていただきます。

↓腰元1・2・3の舞

腰元


テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

日記 | 20:24:58 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
なっちゃん久しぶりです。
谷中の芸工展に出すのですね。それは楽しみです。

ところで僕も最近いろいろ急な展開で、10月半ばから根津に新しくできるギャラリーのこけら落としで個展することになりました。詳しい情報はハガキも送りますがマイHPに載せていくので、よろしくです。

時期が思いっ切り芸工展とかぶっています。
2010-09-29 水 00:56:24 | URL | ベニシオ [編集]
Re: タイトルなし
お久しぶりです!!

根津のギャラリー絶対行くよー!!
ワークショップの方々にも宣伝しとくね。
期間被っててよかったよ。
セツ友には市田邸+七弥両方お誘いしよう~。
うちは15(金)~19日(火)です。

シオさんの個展久々だよね。たのしみ!
2010-09-29 水 08:28:18 | URL | natsuko [編集]
今日、ハガキが届きましたよ。楽しみですね。
準備は整ってますか?

こちらのもよろしく。ギャラリー自体の立ち上げにも関わっていて、昨日オープン。宣伝活動がようやく始められるところです。
共通のセツ友にはメールをまず出そうと思ってるんだけど、ギャラリーのHPが公開されたので見てみてください。
(なっちゃんのサイトなのに図々しくすみません。。。。)
http://nezushichiya.com/
2010-10-02 土 01:59:02 | URL | ベニシオ [編集]
おおっ!素敵なギャラリーですねー。
DMは取り急ぎシオさんに送っただけで、まだ全然送ってないんだー。
枚数も少ないし私もメールなどの告知のみにするかもです。
2010-10-02 土 03:05:41 | URL | natsuko [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。